第41回日本アフェレシス学会学術大会

HOME

座長の皆様へ

  • ご担当セッションの開始15 分前までに、会場内前方の次座長席にお着きください。
  • 座長席上に計時回線が設置してあります。発表終了1分前に黄色、終了時に赤色の警告ランプが点灯します。進行は時間厳守でお願いします。
  • までに、会場内前方の次座長席にお着きください。
  • オンラインから参加の場合は指定のZoomURLへ開始1時間前に接続し、Zoomに接続したまま 待機ください。
  • オンラインから参加の先生方のために会期前日10月22日16:00~18:00に接続テストを行います。

演者の皆様へ

1)試写について

  • 発表30分前までに、発表データの確認を行ってください。
  • 受付日時 :10月23日(金)8:00〜17:00
          10月24日(土)8:00〜14:30
  • 受付場所:ロマンツォ前ホワイエ

2)発表時間

  ●指定演題は別途ご連絡いたします。


3)発表について

  • ご自身の発表15分前までに、会場左手前方の次演者席にお着きください。
  • オンラインから参加の場合は指定のZoomURLへ開始1時間前に接続し、Zoomに接続したまま 待機ください。
  • オンラインから参加の先生方のために会期前日10月22日16:00~18:00に接続テストを行います。
  • 演台上に計時回線が設置してあります。発表終了1 分前に黄色、終了時に赤色の警告ランプが点灯します。※オンラインからの参加の場合は計時回線は利用できません。
  • 時間厳守にご協力ください。
  • データ・持込PCどちらも「発表者ツール」は使用できません。
  • スライドのサイズは16:9 表示で、一面映写です。
  • 発表者は座長の進行指示にしたがってください。
  • 演台上に液晶モニター、操作用キーパッドがセットしてありますので、発表者ご自身で操作を行ってください。(パソコン本体持ち込みの場合も同様です)

4)発表データについて

  • 会場にご用意するPC OSはWindows です。また、アプリケーションソフトはMicrosoft PowerPoint2018です。MacOSには対応しておりませんので、ご利用になる場合は動作確認済みのPCをご持参ください。
  • 発表データはWindows版PowerPoint でご提出ください。
  • 発表データは、USB メモリーに限ります。また、MacOS版PowerPoint で作成されたデータをメディアで持ち込まれる場合、互換性が損なわれる可能性がありますので、事前にご確認ください。
  • 動画(PowerPoint のアニメーション機能は除く)については、mp4形式の動画をご利用ください。また、拡張子がppt形式のものは、動画が正常に埋め込まれませんので、pptx形式にて必ず保存のし直しをしてください。
  • 作成したファイルのファイル名は「演題番号 : 氏名」(例 : O-1: 大阪太郎)で設定してください。また、発表データは、必ず事前に最新のウィルスチェックを行ってください。
  • 文字化け、画面レイアウトのバランス異常を防ぐ為、フォントは、PowerPointに標準設定されているTrue Type フォントをご使用ください。下記のフォントを推奨します。
  • 日本語: MS明朝・MS P明朝・MS Pゴシック
    英  語:Arial・Century・Times New Roman
  • 学会当日、データの文字化け、画面レイアウトのバランス異常などは、主催者側で修正いたしかねますので、事前に十分ご確認ください。

5)PC をご持参になる場合

  • PC の持ち込みの場合にも必ず1 時間前までにPC 受付で試写を行ってください。発表開始15 分前までに、発表者ご自身で講演会場内のPC オペレータ席にて発表データを表示の上、オペレータにお渡しください。発表終了後、速やかに「PC オペレータ席」にてご返却致します。
  • 会場のプロジェクターへは一般的な外部出力端子(D-Sub 15pinまたはHDMI)での接続となります。MacOS や一部小型パソコンでは交換コネクタを必要とする機種がありますので、交換コネクタを忘れずにご持参ください。
  • AC アダプターを必ずご持参ください。また、念のためUSB フラッシュメモリーなどでバックアップデータをご持参ください。
  • スクリーンセーバーやスリープ機能は、事前に解除しておいてください。

6)発表に際しての利益相反(COI)の開示

  • 利益相反の開示
    第41 回日本アフェレシス学会学術大会ではすべてのプログラム、一般演題の発表者に利益相反の開示をいただきます。
    口演発表では発表スライド1枚目(タイトルスライドがある場合は2 枚目)に、専用の書式をダウンロードしていただき、開示してください。(日本アフェレシス学会COI方針:書類様式)
    また、利益相反「あり」の 場合は、筆頭演者COI 申告書を10 月22 日(木)まで に、運営事務局までメ ール添付または郵送にて お送りください。(日本アフェレシス学会 COI 指針:書類様式詳細については、下記学会学術大会ホームページをご参照ください。
  • http://www.jsfa41.jp/abstract2.html

論文原稿提出のお願いとご案内

本学術大会のProceedings は、英文については、「Therapeutic Apheresis and Dialysis」の、和文については「日本アフェレシス学会雑誌」のregular paper として発行されます。以下の要領に従い、論文原稿をご用意ください。

  • 英文論文については「Therapeutic Apheresis and Dialysis」の<Instruction for Authors>(本誌巻末に綴じ込み)に従い、Original Article(原著論文)あるいはReview Article(総説)としてご執筆ください。
    なお、ご承知のとおり、「Therapeutic Apheresis and Dialysis」は、Index Medicus、Medline に収載されており、2020 年発表のインパクトファクターは1.041 でした。
  • 和文論文については「日本アフェレシス学会雑誌」投稿・執筆規定(大会誌巻末に綴じ込み)に従い、ご執筆ください。
  • 査読により、英文論文についても「Therapeutic Apheresis and Dialysis」ではなく「日本アフェレシス学会雑誌」に収録されることがあります。またすべての論文について不採用になることもありますので、ご了承ください。
  • 英文論文は原則として大会終了後より2020 年12 月末日まで下記編集部で受け付けます。また、和文論文は特に提出期限を設けませんが、大会終了後、できるだけ早くご提出ください。

 <問い合わせ先、原稿提出先>
 〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16
 一般財団法人 学会誌刊行センター内
 日本アフェレシス学会雑誌編集部
 TEL:03-3817-5821 FAX:03-3817-5830 E-mail:apheresis@capj.or.jp